不動産の権利と法律

借家における不動産の権利

不動産の借家の場合の権利

不動産の借家に住む場合、他人の所有する家に住むことになりますが、借主の権利は法律で保護されています。家を借りる場合には、借地借家法上引き渡しを受ければ、対抗要件を得て、賃借権を貸主以外の者に主張できます。これは、不動産が他人に売却された場合に効果を発揮します。この法律がないと、賃借権は債権であるため、契約当事者以外には主張できません。その結果、所有者が変わればその債権を新諸州者に対して主張することができません。しかし、それでは借主の立場が弱すぎるので、借主を保護するためにこのような法律が定められています。

いい借家を選ぶために大切なこと

よりよい借家選びは、不動産業者にかかっているといっても過言ではありません。家というものは管理を怠っていると、すぐにボロボロになってしまうものです。そのため、掃除やメンテナンスといった、一見、利益を上げそうにない事柄が、実は重要になってきます。そこに手を抜いてしまえば、たとえ外観が立派でも、住み心地の悪い家になってしまうのです。一度、悪い評判がついてしまえば、たちまち不動産業は傾きます。そのため、長年の実績を誇る会社というのは、それだけで細かいところにまで目が行き届く、信頼のおける業者といえるのです。

↑PAGE TOP