借家の不動産と相続税

借家の不動産がお得な理由

不動なら相続税がかからない借家

一戸建て住宅などの不動産を購入しようと考えていると、当然、所有権のついてくる物件に目が向きがちです。しかし、借家というと賃貸と変わらないイメージを持ちがちですが、実は、借家は相続税がかからないという点ではお得な不動産であるわけです。土地は借りることになりますが、上物は所有権があるので、相場よりかなり安い価格で一戸建て住宅を購入できます。地代と更新料は支払うことになりますが、固定資産税は払う必要がないので、所有権つき物件よりも総じてお得により良い物件に住むことができるのが最大のメリットです。高額な相続税を心配する必要もなく、名義変更や更新によって子に相続ができるので、資産としても安心です。

借家は事前に調査することが重要

借家として不動産を借りる場合、築年数や規模、駅からの距離などの立地を勘案し、家賃相場が適正かどうか見極めることが大切になります。特に、一戸建ての借家の場合、家族で住むことが多く、アパートなどと違い気軽に住み替えることもないので、最初にきちんと様々な物件をみて選ぶことが重要になります。子供が学校に通い始めてからは、さらに引越しが難しくなってしまうことになるので、最初から長く賃貸することを想定して物件を選ぶと良いでしょう。不動産情報を集める際にはネットだけではなく、きちんと現地の状況や近隣の様子などを自分で見ることも大切になります。

↑PAGE TOP